toggle
2012-06-12

インドネシア国内移動初心者がブルーバードタクシーを使うべき3つの理由

Blue Bird Group | Beyond Transportation
インドネシアジャカルタ域内の移動は慣れないうちはタクシーを使う方が良いです。

ジャカルタは世界最凶の渋滞地域であり、鉄道も普及していません。唯一の頼みの綱であるタクシーもほとんどがアテになりません。

そんな中ある程度信頼のおけるタクシー会社があります。それがブルーバードタクシー

僕はほとんどこのブルーバードタクシーを使っていました。就活でオフィス街に出かけるときにはホテルの人に「何時何分にどこそこに行きたいからブルーバード呼んで」と依頼するのです。そうすれば指定した時間にはホテル前にタクシーが来てくれます。

彼らはインドネシアにおけるタクシー市場ではマーケットリーダーであり、信頼性と品質の高いサービスを謳っている貴重なタクシー会社です。

発端は1970年代に遡り歴史ある企業です。以下、信頼できる理由です。

1.ちゃんと目的地まで着くことができる

 

ブルーバードを選ぶべき大きな理由のひとつがこれです。

ホテルの住所書いた紙渡したり、近くのランドマークを指定するとかなりの確率で目的地に着けます。地図渡してわからなければ、わからないから他をあたってくれと言ってくれます。

というのも、インドネシアのような途上国では乗ったタクシーの運転手にいいように騙されることが多々あります。

僕も別の会社のタクシー乗ったとき、なかなか目的地に着きませんでした。 ちなみに知人はわざと遠回りされたりお金多く要求されたり大変だったそうな・・・。

しかしブルーバードグループのタクシーではその危険性は低そうです。この会社、採用の段階である基準を元にふるいをかけるそうです。それは人間性です。おそらく不正しないような人かどうかを見ているのでしょう。

初心者の間では空港からホテルに行くまでがまず最初の関門とまことしやかに囁かれていますが、その関門もブルーバードのおっさん捕まえたのでなんなくクリアー。陽気できのいいとっつぁんでした。

 

2.インドネシア人もオススメ

 

ホテルの人、ガイドさんなど複数のインドネシア人に聴くとみんな口を揃えて言います。「ブルーバード以外はやめとけ」と。

現地の人からの信頼もあるようです。ビジネスビルの警備員のおっちゃんもタクシー呼んでと言うと、ブルーバードでいいね?とすぐ察してくれました。多分観光客やビジネスマンには御用達なのでしょう。地球の歩き方にも載っています。

個人的には現地人からの信頼があるというのは重要なファクターだと思います。

 

3.多彩な予約方法

 

基本的にはホテルの人に電話予約してもらえばいいです。ビジネスビルならレセプションか警備員の人に頼めば呼んでもらえます。

なんと、iPhoneアプリ、Andoroidアプリもあるよ!動画もよくできてる。

 

Taxi Mobile Reservation » Blue Bird Group | Beyond Transportation

これでインドネシア語できなくても安心。アプリでの予約方法も需要があれば書きます。

 

初乗りは60円程度。1時間乗っても500円ちょいくらいです。特に高くはありません。慣れればバスもありますが、最初のうちは安全策を取った方がいいのではないでしょうか?僕は今度バスにも挑戦しますが。

とはいっても100%の安全が保証されるわけではありません。相対的に見て一番マシということです。

リスク管理は最大の要考慮事項です。十分気をつけておいてください。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。