toggle
2017-07-29

ブログタイトルを「RyoKanno.Blog」に変えました。

ブログタイトルを変えた。元々「Keep Rockin!BRO!」だったが、「RyoKanno.Blog」に変更した。そこのところの考えをメモ代わりにここに書き残しておきたい。

昔のポリシーは捨てて、よりソリッドな自分でありたい

ブログタイトルを変えようと思ったきっかけは、自分が「Keep Rockin!BRO!」というポリシーに執着しなくなってきたからだ。

2012年、僕がはじめて海外就職を志し、機会をいただいてインドネシア・ジャカルタで働くことになる直前からこのブログをはじめた。当時の僕は、勢いよくブログをはじめてみようとは思ったものの、ブログをはじめることを検討しはじめて、初めて、ブログというものにはタイトルが必要だと知ったのだ。

そこで東京から出るときに友人からいただた言葉、「Keep Rockin!BRO!」をそのまま本人に事後報告でタイトルに設定したのだった。今の僕には、この言葉をなぜ彼が選んだのかは知る由もない。しかし、なぜか当時のぼくにはとてもしっくりきたのをいまでも覚えている。気持ちが高揚し、今まで慣れ親しんだ東京という世界を捨て、まったくあたらしい、未だ見ぬ世界へと心奮わせた。

あれから数年間「Keep Rockin!BRO!」というタイトルは、慣れない海外生活で不安に苛まれたぼくの心を支えてくれたものだった。

海外就職とは、ある意味でやはりロックな概念だなと未だに思っている。だって、なにもがんばらなくても日本で十分働けるし、仕事なんていくらでもあるからだ。今現在だって日本の有効求人倍率は,当時の就職氷河期と言われていた頃を思わず忘れてしまうような数字を指し示している。だったら、なんでわざわざ就労ビザを取得してまで、海外で働くの?と。

そこには各人動機があるが、一番大きいのは「なにか抜本的にあたらし世界を生きたい」「まったく違う自分になりたい」、そんな肺の下あたりから横隔膜を動かして叫ぶような、そんな衝動であり想いじゃないか。すくなくとも僕は、たぶんそれに似たものだった。

あれからはや6年。久々に日本・東京に帰ってきて思うのは、まったく違う感覚である。

「Keep Rockin!BRO!」と声高に(心の中で)叫んでいた頃のじぶんを客観的に見ている自分がいる。今思い返せば「あいたたたた」と言いたくなるような言動もした。少なくない人を傷つけた。反省もしている。

じゃあこれからどうするのか?自尊心、自己肯定感、自意識、プライド・・・そんな若気の至りのような感覚(一方で、爆発力にもなるような力)を客観視し、無駄なものを削り取って生きていきたい。

ブログの文体を、数年ぶりに敬体(です・ます調)から常体(だ・である調)に戻したのも、同じ理由である。常体のほうが、良くも悪くも、余計なものを削り落として表現できる。なにかの意見も言い切りやすい。

昔常体の使用を止めたのは「なんだか自意識がほとばしってかっこうわるいから」からだった。しかし、今はそれよりも、自分が考えていることをもっとソリッドに整理し、表現したいと考えているからだ。

あたらしいブログタイトル「RyoKanno.Blog」は、なんの変哲もないタイトルである。しかし、より無駄なものを削り、よりソリッドなイメージが自分の中ではある。なんせ、自分の名前+ブログ、だから。これ以上でもこれ以下でもない。

最後に

ということで(どういうことだ)、ブログタイトル変えました。これで「ええっと、あのブログ、読んでます、きーぷ、きーぷ・・・アレです!」ということは言われなくなるだろう。

それに心なしか、無理矢理ロックな精神を持とうとしなくてもいい、と自分が楽になった気がせんこともない。(どっちだ)

自分を縛り、鼓舞するのも自分。自分の縛る縄をほどき、自由にさせるのも自分。とりあえず2017年の自分は後者。当面はこんな感じでいくので、引き続き宜しくおねがいいたします。

今日の一枚。原宿表参道通りの自販機がいつもより2℃冷たく変わっているなら、僕も変わっていこうか、と。

関連記事