toggle
2017-07-13

毎日やる!という約束ほど、むずかしく、それでいて破壊力抜群なことはない

神農です。

隠居系男子というブログを書かれている、鳥居さんの記事を読みました。

もう本当にその通りで、理屈抜きに人間の心はそうなっていると思うんですよね。約束を守って、日々淡々と責任感持って生きている人っていうのは、それだけで信用されます。

たとえば、2014年の頃、以下のブログをよく読んでいました。2014年以降、もうひさしく更新されていませんが、当時は毎朝8時に更新されていて、毎朝なにかあたらしい記事が書かれているんですよね。

As I Am. 田中伶のキャリア学と日々の備忘録。

僕は、毎日更新されている個人ブログを読むのが好きです。別にそれが、自分の役に立つ情報じゃなくても、そのひととなりが表れているものなのであれば、ついつい読んでしまいます。

しかも、思わず信用してしまう。「毎日書いているから、この人は信用しよう」なんて思ってないですよ?でも思う間もなく、心の奥底で「このひとすげえなあ」って感じている自分がいるんです。

もちろん、おもしろいことが書いてある日も、そうでない日も(いわば、自分に関係のない話しか書いていない日も)あります。でも、毎日見ちゃって、おお頑張ってるなーとか、こんなことがあったんだなーなんて応援しちゃう。

このように、すくなくとも僕にとっては、毎日ブログを書く!という約束を守り続けている人は、理性を挟む間もなく信用してしまうんですよね。

毎日なにかやるって、とてもむずかしいけど、破壊力抜群

そして、僕も6月16日に思い立って、毎日ブログを書き続けて、ようやくもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。あらためて、毎日ブログ書き続けるのって、たいへんだなあ・・・としみじみ感じている次第です。

この1ヶ月は、出社する前、起床直後の一番頭がぼーっとして、無駄に難しいことを考えずに済む(笑)朝の時間帯に2時間ほどとって書いています。

これは「今日から毎日ブログ書こう。」と約束したからであり、ああ、なんて約束をしてしまったんだ、と思うこともあります。

だって、寝坊したら書けないから必ず早めに寝なきゃいけないし、二日酔いでも書けないからお酒も泥酔するまでは飲まないし。そもそも、毎日ブログに書くネタを頭の中で探している自分がいます。

これ、たぶんめちゃ大変なんでしょうな。ほぼ日というサイトで、糸井重里氏は「今日のダーリン」というブログを18年間休まず更新し続けていますが、糸井重里氏はマジでヤバい(語彙力)。

ブログに限らず、毎日なにかをやり、それが人目につく形でやり続けるのは非常に大変です。しかし、これほどわかりやすく信用されることもないのです。それがいかに大変かって、やっている人ほど理解できますからね。

だから、「周囲に信用されたい!」「スキルがないから、とりあえずなんかやりたい!」という人は、一発逆転を狙うより、毎日淡々となにかを続け、かつそれが人目に見えるようにする、というのは大アリだと思いました。

ちなみに「人目に見えるかたちをとる」は、案外大事です。人に見せるとなった瞬間から、それなりにアウトプットの質を確保しないといけなくなりますから。

毎日やるのに、見ている人を意識すること。それが大変なんですよねえ。

最後に

日々いろんな仕事がありますし、ゴミ出しもしなきゃいけないし、ご飯も炊かなきゃいけないし、暇な日なんてありません。大体朝8時台にはこのブログも更新するようにしていまして、ゴミ収集車来るの、8時台なんですよ笑ブログ書いてて、たまにゴミを出しそびれることさえあります。

それでも、なんか自分に約束して、毎日淡々と続けてみたいな、という想いからこのブログを更新することをふたたび、はじめました。

特に明確な目的もないのですが、とにかく僕も自分との約束を守り続けようと思います。

今日の一枚。

関連記事