toggle
2017-07-12

Peak Design「Leash」は、「必要かつジャマ」なカメラストラップを「必要十分にしてジャマにならない」ものにした

神農です。

すばらしいことこの上ないカメラストラップ「Leash」を購入したので、レビューします。結論からいうと、唯一無二です。

 

カメラ買ったときについてくるストラップ、しっくりこない問題

X100Fを購入し、ガンガン使う上でしっくりこないことがひとつだけありました。それは、カメラストラップ。

これ、カメラ買ったときについてくる、よくあるストラップです。FUJIFILM X100Fのストラップは、けっこうよくできているんです、実際。

革っぽい素材感もそそられるし、コンパクトなのに本格的で悪くない。うん、これをとりあえず使うか、と思って、数日使っていました。

しかし、やはりそこはデフォルトのストラップ。やっぱりしっくりこないんですよね。革っぽい素材はネックストラップとして首掛けしたときに首に違和感あるし、あとコンパクトがゆえに長さが調節できない。

カメラストラップって、僕は「必要かつジャマなもの」。これでは必要よりもジャマの方が少し優っている状態でした。

外観

ということで、Peak Design「Leash」を買いました。箱はめちゃくちゃ小さくて、iphone7と同じくらいのサイズ感でした。

空けてみるとこんな感じ。

どん!つけてみるとこんな感じ。まあいたって普通の細めのストラップです。

シートベルト素材が軟らかくて心地良い、存在感もなくなる

さて、「Leash」の素晴らしいところをご説明します。

「Leash」は。ストラップの素材がシートベルトみたいなものになっています。あれです、あの布のようで布じゃないみたいな、アレ。このおかげで、圧倒的に使いやすく、かつその存在感を消すことに成功しています。

まず、カメラ持って1日も歩いていると、かけ方を変えたくなるのは必然なのです。首掛けずっとも疲れてくるし、たすき掛けずっともちょっと面倒だし・・・。

一方、普通のカメラストラップって、硬い素材が使われているので、長さ調節がおっくうになりがちです。

そんなとき、このシートベルト素材のおかげで、長さを自在に調節することができ、気軽に掛け方を変えられます。

説明書にもこんな感じで記載あり。マジでこれがすげー便利。

それに、さきほども言いましたが、このシートベルト素材は首掛けしたときに違和感ゼロ。とっても素材が軟らかいので、長時間首掛けしてブラブラするのも大アリです。

「カメラストラップの素材を軟らかいシートベルトにする」って、めちゃアリな話だなと思います。肌に触れるものだし、軟らかくなれば、たしかに心地よく使える。これ考えた人天才やろ。

カメラストラップって、絶対必要なんですが、ジャマなんですよね、基本。でも「Leash」は「ジャマにならない」ところまで自らの存在感を消しています。これだけでも買った甲斐あったよ・・・。

 

ストラップがコンパクトに畳めると、取り回しが圧倒的に楽になる

「Leash」のすばらしいところその2。

素材が軟らかいことの副産物として、とてもコンパクトになります。大きさ比較でいえば、iphone7と同じくらい。

「カメラストラップなんて、コンパクトである必要あるの?」といわれそうですが、僕はこれめちゃうれしいんです。なぜなら、圧倒的に取り回しが楽になるから。

例えば、鞄に入れるとき。高い金出してカメラ買った僕みたいなアマチュアが、毎日持ち出さなくなる最大の要因は、「カメラがかさばる」というものです。

カメラでけえというのもありますが、ストラップが案外かさばるんですよ。鞄なんて他にも入れるものありますからね、ヘッドフォンとか。毎日持ち出して、毎日撮ることを想定するなら、少しでも小さく、かさばらないほうがいい。

「Leash」は、シートベルトみたいな軟らかい素材のおかげで、全然かさばりません。折りたたむと、カメラに同化するくらい存在感ない。このおかげで、600gくらいのX100Fでさえも、鞄の中に毎日ぽいっと入れておこうと思えます。これが大事なんですよ(震え声)

僕はミニマリストではないですが、日々身につけるもの、持ち運ぶものはできる限り小さくかさばらないものがいい、と信じています。持ち運びが楽というのもありますし、なにより気が楽なんですよね。

ミラーレスを毎日外に持ち出したいなら、「Leash」一択

写真頑張りたいアマチュアからすれば、「カメラの重さ」「カメラの性能」を常に天秤にかけて、その妥協点をどこで見出すか、という闘いが常に心の中に存在します。

X100FくらいのAPS-Cカメラになれば、どれも、画質は申し分ない。でも、必然的に重さ600gくらいになりますし、コンデジほどは小さくはなりません。そこにカメラストラップなんてつけようものなら、より悩ましい。

カメラストラップは、絶対に必要なんですが、ジャマなんです。「Leash」があれば、コンパクトなカメラは、真にコンパクトになれる。

カメラは毎日持ち出してナンボです。是非みなさん、「Leash」導入して、オキニのカメラを毎日通勤鞄に入れて、バリバリスナップに励みましょう。

※公式の動画もご覧あれ。

 

関連記事