toggle
2017-02-11

対象に没入し一体化すれば、それに最適化した装備になってくる


マレーシア滞在1週間が経過しました、神農です。

久々にひとつの国に1週間滞在していますが(昨年は1ヶ国2,3日の弾丸取材でした)、どんどん自分の感覚がシンプルになってきていると感じます。「マレーシア就職ってどういうこと?」という問いに答えを出すべく、毎日マレーシア就職者の方にインタビューしておりますが、彼らの話とマレーシアの街の情報量がものすごく多いので、もう今はそれのことしか考えられません。となると、目の前の仕事というかもはや趣味というか(笑)、海外就職関連のことに没入している感覚を得ています。

これでどうなるかというと、身の回りのものまでシンプルになってきました。「いかにマレーシアの街を歩きまくる、写真を撮りまくれるか」「マレーシア就職者の話を聴きまくり、コンテンツとしていかにはやくまとめあげるか」という問題意識に最適化してきたんです。例えば、BOSE QuietComfort35というBluetoothノイズキャンセリングヘッドフォンを購入しました。お値段なんと4万円もするのですが、現状この界隈では世界最高レベルです。

しかし、今回こういう形で仕事をしなければ、購入はしなかったんだろうなとつくづく思うのです。なぜなら、今の仕事スタイルだといかにストレスなく仕事環境を整えて、自分自身の機動性を上げるかどうかが大事だから。前使っていたものもBOSE QuietComfort20iというノイズキャンセリングイヤホンでしたが、もう3年ハードに使っていたので、断線しまくっていました。それでも我慢為て使っていましたが、それは問題がなかったからです。しかしこうしてガンガン機動性を上げていかなきゃいけないようなスタイルだと、やはり非常に不便でした。

こちらで買ったものでないもので、これはやはり決定版だと感じたのは、RX100M4。取材記事のポートレート用にα7II+55mmf1.8という総額25万円の会社カメラとレンズを持参しています。普通に考えればこちらをずっと使えばいいじゃないか、とお思いになるでしょう。RX100M4ってなにかといえば、コンデジです。高級モデルで1台10万円する代物とはいえ、コンデジ。コンデジとプロが使うようなカメラの比較をして、今常にコンデジの方を持ち歩いています。

なぜこうなるのかといえば、やはりRX100M4の方が圧倒的に街で写真撮影しやすいから。マレーシアとはいえ、行き交う人々は一般の方々、モデルさんなんかではありません。そんな中、ゴツいカメラでバリバリ撮影していると、やはり存在が不自然なのです。振り返って見られたり、横目で見られたり、写真撮っている感バリバリ出ているので気を遣わせたり。一方、RX100M4くらい小さなコンデジだと写真撮影していることすら気付かれません。そしてこのコンデジのいいところは、信じられないくらいによく撮れる。史上最強のコンデジと言われている本シリーズですが、旅カメラとしても最高だなとしみじみ感じています。25万円のカメラ振りかざして撮りたいときに撮れないなら、僕は10万円のコンデジを使います。

オキニの無地白Tシャツも東京・青山の白T専門店で同じモノを8着購入してこちらにも持って来ていますが、それだけなにかの迷いがあると、ホテルから出るのが億劫になったり、時間がかかったりします。オキニの服で揃えているかどうかとか、作業に集中しやすいデバイスを使っているかどうかだけでも、本当にそのレベルで変わるんですよね。しみじみと実感している次第です。

海外就職に最適化していくということ

海外就職をしている人達に話を伺うと、ライフスタイルもその国で暮らして働くことに最適化されていっているなと感じることが多いです。例えば、単純に持ち物が少ない。アジアだと東京と比べて圧倒的に手に入るものが少ないからというのもありますが、必要ない、ということだと思います。それこそマレーシアくらいになると「生活においてマイナス点がない」と皆さんは口々におっしゃられますが、現地で手に入るもので生活は事足ります。もちろん日本みたいに手の込んだアイデア商品なんかはそこまで多くないんですが、そんなことよりもやはり仕事が大変だったりして、そちらに集中している人もいたりいなかったり。

一昨日お話を伺った人も、「東京にいると、まるで自分の財布の中をひけらかすかのごとくお金を使うことってあるじゃないですか。マレーシアだとそれはなくなりましたよねえ」と話していました。なるほど、そういうことはあるかもなあ。

海外就職に没入し、一体化してくると、どんどん海外就職に最適化されていく気がしています。本記事にこれ以上の話はありませんが、覚え書きとしてメモ。

4万円もする最高峰Bluetoothノイズキャンセリングヘッドホン、BOSE QuietComfort35。4万円もするものを買った、ということの言い訳としてもこういう記事を書いています笑


関連記事