toggle
2017-02-03

「わからない」に対する不安とワクワクする想像力を分けるもの

神農です。ブログ更新再開してから、ちょくちょくお問い合わせをいただいております、ありがたや。なんでありがたいかといえば、読んでくれてる人いるんだなあという素直なうれしさであったり、思いもがけないことを考えるきっかけも得られるからです。

わからなかった、からこその想像

今日お話しするのは、こちらの問いについて。「23歳で思い立ってすぐに海外就職をしたそうですが、なにが原動力だったんですか?」。たしかに、僕は「海外就職を思い立ってからすぐに会社を辞めた選手権」があれば、けっこう良い線いくんじゃないかと思うくらいすぐに、会社を辞めました(笑)当時は海外就職している自分を想像すると、思わず汗をかいてしまうくらいに体温が上がりました。なにがその原動力だったんでしょうか?

いま6年前を振り返って思うのは、海外ではたらくことについてまったく知らない、わからないことだったからこそ全能感があり、想像力豊かだったんだなということです。若くして海外に出ている人が全員国際色豊かな環境で育ったとお思いになる人もいるかもしれませんが、基本的にそんなことはありません。僕なんかどちらかというとドメドメで、大学時代に外国人留学生がいても怖くて話しかけられなかったくらいの、そこらへんにいる日本人でした。都会に出てきたのも大学からですし、どちらかというと海外に無縁な人だったんです。

しかし、「外に出て行く」ということへの憧れはずっと持っていました。実家のある場所が、どこに行こうにも、イオンモールに行こうにも、大きな川に架かった橋を渡らなけれいけないようなところで、春夏秋冬ある日本では高校まではそれなりにハードな通学生活でした。チャリでどこかしこに出掛けていくような生活だったので、チャリの運転技術は向上、あの頃はまるで自らの手足のように操作できていました。

ただ、海外で暮らすなんて、ましてや働くなんて想像もつかない。だからこそ、想像したんだなと。

わからないことへの不安

海外就職、というものに不安を抱く人がけっこういるんだな、というのはこの6年間の率直な感想です。僕は不安になったことがあまりなかったから。色んな人の話を聴いてみると、「わからない」から不安に陥るとのことでした。特に海外就職後のキャリアについて、不安に思う方が多いようで。そらそうですよね、わかりやすい先輩というロールモデルもなければ、どこかの大企業のように30歳で係長、35歳で課長…のような年功序列システムも存在しません。日本ではたらいていると、「わかった気になる」ので困ります。

ただ、思い出してみてほしいです。新しい世界に足を踏み入れるとき、「わからない」ことに対してワクワク、ドキドキしていたことを。大学受験が終わって入学したて、桜並木を歩いているとき、誰しもが思ったはずです。大学でなにしよう?と。高校行ったら部活なにしようかな?もそうですし、今度のグアム旅行なにしよっかー!もそうでしょう。さきほど「わからない」は人を不安にさせると書きましたが、実は「わからない」は人を想像力豊かにもさせるのです。

何度もいうように、僕は海外就職前、海外のことなんかほとんど知りませんでした。インドネシアで働くといっても、インドネシアの総人口が日本の倍くらいあることをなにかで調べて知ったくらい。もしかしたら、だからこそあそこまで全能感を持ち、豊かなに「海外ではたらくこと」を想像ができたのかもしれません。その「不安」と「ワクワク」の違いなんて、本当に紙一重なのだと思うのです。

「わからない」ときに、不安とワクワクを分かつもの

じゃあ、なにがその紙一重の差をわけるのでしょうか?僕は、「初心」であると思うのです。もちろん、わからないことへの不安は拭うことなんてできません。僕もいまもそうですが、未来がどうなるかわからない不安はないといえば、嘘になるでしょう。しかし、その不安の表側がワクワクする想像であればいいと思います。

「海外ではたらくの、いいなあ」と思った初心が、だれの心のにもあるのではないでしょうか。不安というのは、その「初心」の後ろにくるものです。「海外ってなんかすごいなあ、でも大丈夫かな・・・」、人はこういう順番で考えます。好奇心とか、興味とか、そういったものが最初に来るはずなのです。だからこそ小さい子どもは好奇心旺盛で、いろんなものに興味を持つ。

ひとは「初心」があるからこそ、想像力豊かになれるし、前向きになれるし、ビジョンでさえ持てるのだと考えています。初心忘れるべからず。忘れるからこそ、こういう言葉があるのでしょうが、「昔、ワクワクして想像力豊かだったときって、どんなときだっけ?」とたまに思い返すのも悪くありません。

雲、もこもこ。機上から見る風景は、いつも初心に返られてくれますね。

関連記事