toggle
2017-01-26

RX100に見る「こんなに小さいのにこんだけすごいんだぜ」感に名前をつけたい


R100というカメラがありまして。とにかく「ポケットに入るくらい小さくて」「一眼レフみたいな綺麗な画が撮れる」という素晴らしいカメラがあります。なんとコンデジです。RX100で撮れる写真としては、こんなものも。ほら、すごいでしょ?

↑現像で色を少しいじっつていますが、描写はピカイチ。

界隈では数年前から非常に話題です。最近の機種は、スロー撮影ができたり、4K撮影ができたり、異常なくらい高機能。

技術的な話もいろいろあるのですが、このカメラがなんでこんなに小さくて高機能なのかというと、はじめに「コンデジくらいの大きさにしよう」「かつ、写りがいいものにしよう」として開発したかららしい。いうなれば、絶対にこの大きさにギュウギュウに詰め込んでやる、という大きさありきの開発アイデアがあったようです。

コンパクトカメラである以上、ポケットやカバンに気軽に入れて、持ち運べるサイズには絶対にしたかったんです。なぜなら「コンパクトカメラにできて小型一眼レフカメラでは実現できていない強みとは?」を突き詰めて考えると、”ポケットに入るサイズ”は絶対に譲れないポイントなんですよね。そしてそのコンパクトなボディでいかに高画質を実現するか?そのためには”コンパクトカメラの域を超える大型のセンサー”と、その特性を最大限に活かす”高品質なレンズ”が必要だったんです。-RX100 開発者の想い

僕もRX100M4という4代目の機種を愛用しており、この前も商用に使う写真をほとんどこれで撮りました。デジタル一眼レフ+すごく良い単焦点レンズも現場には持っていっていたのですが、RX100dで撮り出すと「これ、かなりいいね!」とずっと使ってしまいました。RX100は小さくても高機能である一方、小ささの割に重くて、凝縮感というか、鉄塊感があるんですよね。これは、不思議とユーザーを使用させる気にするし、常に持ち歩かせる力があります。「俺、こんなに良い画撮れるカメラをポケットに入れてるんだぜ」感。

似ているものとしては、かわるビジネスリュックもそういう感じがあります。出張・移住用に使用していますが、傍から見たら普通のリュックサックなんです。黒色なのもあってか、とてもコンパクトでスタイリッシュに見える。しかし、実は1週間くらいの海外出張に必要なものが全部入ってしまうくらい、よくモノが入ります。ダウンもソフトシェルも入るし、なんというかもうこれだけで生きていけるくらい。これも、「空港でこんな小さなバッグに必要なもの全部入っているぜ感」があって、もうたまらんです。

こういうのってある意味日本のお家芸的な発想でもあって、日本って外国人から見たら、よくあんな背が小さくて、狭い土地にクリエイティブなものが詰まっているな、という印象を受けるそうな。狭くて小さくて島国で、それでいて寺社仏閣といったスピリチュアルなものがたくさんあって、一方トヨタやホンダといったハイテク企業もある。任天堂なんて、名前からしてスピリチュアルなのに、iphoneにまでアプリが入ることになりました。

「こんな小さいなのに、中身はこんなにすごいんだぜ」感、そしてそれを所有しているうれしさは非常に普遍的なものですね。おそらく、多くの人が「うれしい」と感じること。

これがRX100M4。表面もマットで、黒光りしていて非常に所有感がある一品。最近はM5も出ているので要チェックです。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。