toggle
2016-08-21

外国に行ったら、「この国で暮らすと、どういうくらしになるんだろうか」としか考えなくなった


近頃、海外就職サポートの仕事で、海外へ行く機会が多いです。先日はマレーシアと香港、シンガポール。今度はインドネシア、再来月あたりにはベトナムとタイにも訪問予定。見知らぬ土地に行くと、その人の「視点」が明確になります。僕は、海外にいくと「この国で暮らすと、どういうくらしになるんだろうか」という視点でしか、現地を見なくなりました。

例えば、マレーシアで暮らすって、どういうことでしょうか。車社会なので、車移動、車通勤になり、コンドミニアムに住む。コンドミニアムの家賃は東京なんかと比べるとべらぼうに安く、周辺もベッドタウン化しているため、お店やショッピングモールもある。土日仕事なければ、近隣諸国に片道2時間くらいで行けてしまうので、そこで住む友達に会いに行く。

こうやって現地で働く人に散々話を伺い、自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じていると、どんどん「その国の暮らし」がありありと浮かんでくるのです。でもそれって、僕にとってはものすごくおもしろいことのようです。

日本人で単身海外に渡って働こうとすると、どういう生活になるのか、何を考えることになるのか。ぶっちゃけ、物価なんてアジア間ではあまり変わりません。「良いものは高い、悪いものは安い」。東京が高いのは、良いものを享受するからですし、「アジアは安い」というイメージがあったのは、そこそこのサービスがそこそこ安かったから。

自分が暮らしていない土地に行って、みんななにを考えるんだろうか、と思いました。旅行に行っても、なにをどう見るかは、全然違うはずです。僕がマレーシアで「くらし」について考えていたとしても、他の人は「マレーシアは、ごはんおいしいよねえ!」と話しているかもしれません。

自分は「普通の観光」がおもしろくなくなってきてしまった、というのも、正直あります。旅行に行っても、すぐ「ここで暮らそうと思うとどういう仕事をして、どういう言語で、誰と付き合って、どう暮らしていくんだろう」ということを考えてしまいます。

おそらく、サグラダファミリアを見れば圧倒されてしまうのでしょうけど、「観光地」的なところを見ることに飽きてしまうかもしれません。世界一周、いいなあ、と思いはするものの、観光地巡りにあんまり大きな価値はないな、とも思ったり。(世界のくらしを見て、これからのくらしを考える、なんて自分テーマを持ったリサーチ旅なら、ものすごく良いかも)

みなさんは、海外旅行に行ったとき、なにを考えますか?


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。