toggle
2016-03-30

現地採用ブログ Keep Rockin”!BRO!的なオススメ記事を紹介してみるよ


ブログのサイドバーに「おすすめ記事」という欄を設けるために、超久々に過去記事を振り返っていました。そしたら、記事数多すぎて(300記事くらい)、埋もれているけど個人的にオススメな記事が見つかったので、ご紹介。

 

「想像力こそが、すべてを変える」

3年前に「新世界より」というネ申漫画読んで、あまりに想像力刺激されたことがトリガーとなって書いた記事。あの漫画は文句なしにおもしろい。

今本記事を読んで思うのは、「大体合っている」ということ。想像力次第で、どんどん自分のがいる物理世界はどんどん拡張していくんですよ、ほんとに。そういえば4年前の僕なんてもりぞおさんにジャカルタ就職教えて貰うまでは、「海外なー、グローバルなMBAエリートしか行けないんだろーなー」くらいにしか思っていませんでした。

3年前の僕は「想像力こそが、すべてを変える」と表現しましたが、今の僕なら、「想像さえできれば、どこにだって行けるし、なんだってなれる」ですね。3年前の僕はきっと、海外就職アドバイザーという肩書きで働きながら、フィリピン語学学校でマーケティングの仕事をやっているなんて、本当に夢にも思っていなかったでしょう。

そして改めて最近思っているのは、「興味をこれでもかと追求していれば、どこかで何かが繋がってくる」ということです。気功のの達人なんかに言わせれば、「万物は元々、気ですべて繋がっているんだよコノヤロー」らしいのですが、ということは、やっぱ繋がるんだな(理解していない)。

どうやら現代社会、いや情報洪水社会を生きる我々にとっては、その「自分が何に興味があるのか、何がたのしいのか」に気付くことが至難の業のようです。僕はたぶん、まだ全然マシなんでしょうけども。うむ、これからは「人が興味関心に気付ける、もしくは炙り出すためのお手伝い」ができればいいなと考えています。実際、海外就職アドバイザーとしての仕事は、そのものなんですけどね。

脱線しましたけど、そんな大切な気付きをくれた記事でした。

 

京都の山奥で1日10時間、10日間で100時間瞑想するヴィパッサナー瞑想修行に行ってきた

フィリピンに来る直前、ジャカルタから去った後に、わざわざ2週間時間取って行ってきた瞑想修行。未だに僕は朝起きてから30分程度瞑想していますが、それはこの原体験が元です。

なにがよかったって、「心(頭)が空であれば、これでもかというくらいに目の前のことに集中できるし、内的な大切なことがちゃんと見えるようになる」ということ。僕は自他共に認める活字中毒者で、常に何か本を読んでいるか、書いていないとたまらないです。これも情報洪水社会の功罪なのか、俺の生来の正確か。

それでも、2週間ネットに非接続、本も読めない、誰とも目を合わせられない、おまけに100時間瞑想させられる・・・という現代社会でも寺社にいらっしゃる方くらいしか、体験しないような体験をすると、めちゃくちゃ頭が空になる。コンピューター用語でいうと、脳内最適化。

自分の価値観がわからない・・・という人は、多分情報洪水社会にやられているので、こういうリセットできる場所に一度くらい籠もるのが良いですよ。

ちなみに僕は来年ウルポタという水、電気、ガスもなくスリランカの郊外にあり、ネットも通じないから行くのも至難の業、それなのに世界中から予約が殺到しているアーユルヴェーダ施設に行く予定。ここでもうひとまわり、気付きを得られたらいいな。

 

88世代の僕が知らなかった、景気が良いということ

これも3年前の記事。今なら当たり前に感じていることですが、「景気が良いこととはどういうことか」を労働者目線からライトに書いています。人がガンガン辞めることとか、バンバン入ってくるとか、日本に居たときは考えられませんでした。そんなもんブラック企業だけだろとか思っていたのに笑

僕はいわゆる88世代なのですが、生まれた頃には不景気だったんですよね。そんな自分にとっては、インドネシア・ジャカルタの経済成長っぷりは、ただただ、驚くべきものであったのです。まあそんなジャカルタもニュース見ていると、どんどん変化しているようで、全てのものは常に変化するものだな、アジアの成長国ですら・・・と実感しています。

フロンティアを探し求めた世間は最後にこの世の果てに行き着く

最後はこの記事。ちょっと悲観的な記事ですが、こればっかりは、これからまだまだどうなるかわからんなーと今は感じています。あのときは日本が安くなるからインドネシア人とか中国人が爆買いしにくるなんて考えていませんでしたし、ベトナム人の日本語教育熱がもの凄いことになっていることも予想していませんでした。

正直、当分アジアの時代は続くし、先進国はどんどんお買い得になっていくでしょう。なんか、フロンティアがどうとかいう話ではなくなってくるんじゃないか、とベルギーのテロ事件等見ていると感じます。

ちょっと話は逸れますが、アメリカの資本主義の象徴みたいなビルに飛行機が突っ込んだときはあんなに驚いていたのに、バンコク、パリ、ベルギー・・・と事件が起きていくにつれて、感覚が麻痺している自分もいて、なんだかなあ。世界はどうなっていくんだろうか。今後当たり前は、当たり前じゃなくなっていく、いや既にそうである、ということは間違いないんでしょうね。ここらへんの話、もっと個人として知見を深めていきたいと思います。勉強しよう。

 

以上、おすすめ記事の紹介でした。数年前に考えていたことをまた考えるのは、なかなかおもしろいです。どうやら世の中も、自分自身も、普通に想像している以上にドラスティックに変化していくもののようです。そのつもりで、体験して、勉強して、どんどん想像していかないといけないんだな、と思いました。おわり。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。