toggle
2016-03-20

ひらくPCバッグmini買ったら、なぜか部屋が片付いた件


先日購入したひらくPCバッグminiを使い出して1ヶ月ほど経過するのですが、使ってたらなぜか部屋が片付きましたのでご報告。

狭いワンルームとたったひとつの仕事机

ひらP-2

↑我が家でたったひとつの机。作業机でもあり、ご飯を食べる机でもある。この大きな机が目的でここに入居したのに・・・。

今フィリピン・セブ島のとあるコンドミニアム(日本でいうワンルームマンションのようなもの)に住んでいるのですが、基本的に収納は多くりません。小物入れるところも少ない。それゆえ、今までは普段自宅作業時にも外出時にも使うような、MacbookProやミラーレス一眼、Kindle Voyage、A4用紙とバインダーなんかは机上もしくはベッドの上に放り出す、という形で一時的に保管せざるをえませんでした。

でも、基本的に「使っていないのに目に見えるものはノイズ」だと思っています。嫌じゃないですか、パッと見回したときに使っていないイヤホンとかパソコンが机の上に転がっているの。今までは本当に上の写真のようだったんですよ。で、ご飯食べるときだけどけていました。「ただの部屋汚い奴」に成りさがっていました。

全部、ひらくPCバッグminiにしまえばいいことが分かった

ひらP

↑さっきのやつ全部ひらくPCバッグminiに収納したの図。

自宅居るときはひらくPCバッグminiをこんな感じで開いたまま、椅子に置いています。これがものすごく便利。なぜなら、パソコンで作業するときはバッグから直接出して、使い終わったらしまえばいいんです。なんじゃこのバッグ、まるで引き出しのようだ。

ひらP

↑ひらくPCバッグminiを使用した後の自宅机。メモ書きだけは常時使うので置いていますが、それ以外のごちゃごちゃは皆無。

Skypeミーティング終わったらイヤホンも一回一回しまう、A4用紙もしまう、パソコン作業終わったらパソコンもしまう!目の前にあったら、ついつい無駄にネットサーフィンしてしまいますからね。おかげで常に自宅の机はこのくらいの状況に保てるようになりました。これは頭スッキリ過ぎる。自宅での作業効率が最近すこぶる良いのですが、これが原因でした。

余談ですが、あんまり受動的な情報摂取していると頭がボーッとしてくるので、パソコンもなんでも、目的果たしたらすぐにしまうのがいい。

https://twitter.com/kanchan_r/status/710970959239323648

モバイル収納であり、モバイル引き出しとしての価値

ひらくPCバッグmini-7

ひらくPCバッグminiの価値は、「モバイル収納でありモバイル引き出し」であることなんじゃないかと思いました。確かに、バッグと収納、引き出しって同じような構造ですもん。モノを入れてしまって使う時に出す、というアナロジー。なるほど、これが発明というやつか。

「ミニマルに暮らしたい。でもガジェオタだし仕事道具はそれなりに多い」という人は、ひらくPCバッグminiをバッグ兼自宅の収納・引き出しとして使うのはとってもアリだと思いました。おかげさまで僕は非常に幸せになれました。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。