toggle
2016-01-31

カメラ初心者は「フルサイズ+明るい単焦点レンズ」で世界が変わるから最初からそうしとけ。(オススメのカメラもあるよ!)

DSC02874

↑@kanchan_r がサウスピークで使用しているカメラ「α7II + 55mm単焦点レンズ」。合計30万円くらい。でも、めちゃくちゃボケます。

先日「スマホで飽き足らない人は、3万円の高級コンデジを買え」という記事を書きましたが、本当の本当は「最初からフルサイズ+単焦点レンズ(50mm以上)」を買う方が幸せになります。なぜなら、素人でも初心者でも「ボケ」が存分に楽しめるからです。

えっ?以前デジタル一眼レフじゃなくて高級コンデジの方が良いって言ってたんじゃ…

      /)
           ///)
          /,.=゙””/
   /     i f ,.r='”-‐’つ___   こまけぇこたぁいいんだよ!
  /      /   _,.-‐’~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ”\      `ー’´     /

では、いってみよー。

※本稿では、初心者向けの話としてかなり単純化してお話しています。カメラ関係者の方々、スルーしてください笑

「フルサイズ+単焦点レンズ」はめちゃボケる。

僕は今ではiPhoneやスマホのカメラはあまり満足できるものではありません。勿論、風景をある程度ハッキリ鮮やかに撮影するにはiPhone6sのカメラは凄いらしい、ことくらいは知っています。

それだけで満足できないのは、写真に「ボケ」が足りないからです。スマホじゃなくて高級コンデジ、高級コンデジじゃなくてデジタル一眼レフ、その中でもフルサイズセンサーのものを使う理由は「ボケ」るからです。「ボケ」るともの凄く良い雰囲気の写真が撮れます。例えば、α7IIと単焦点レンズを使えば、このくらいの写真はサクっと撮れます。

食パンとジャムの瓶以外がボケてますね。なんかプロっぽいですね。テンション上がりません?ボケのある写真を自分でサクっと撮影できると、一気にカメラと写真を好きになります。

たぶん、カメラにハマった多くの人はこの「ボケ」が原因でハマっているのだと思います。この「ボケ」を早いうちに体感できるかどうかで、結果的に「カメラ・写真で幸せになれるまでの時間と資金」が少なくなります。

フルサイズという「センサーサイズ」と、単焦点レンズという「レンズの種類」

フルサイズというのはセンサーサイズのことなんですが、他にも「APS-C」、「マイクロフォーサーズ」等々種類があります。ちなみに先日紹介したRX100のセンサーサイズは「1型」というもの。

しかし、もう別にその種類について知らなくてもいいと思う。要は、カメラの本体は「フルサイズが一番ボケる」んですよ。

また、単焦点レンズというのは「レンズの種類」のことを言います。特徴としては、「ズームができない」レンズであり、「明るい」レンズです。ズームできないのは不便に感じられるかもしれませんが、その代わり「明るい」。

明るいレンズは「ボケ」ます。一般に「F値」と呼ばれる値で判断されますが、「F値が小さいレンズ」は「明るいレンズ」です。サウスピークで使用する単焦点レンズ55mmはF1.8ですので、「相当明るいレンズ」であり、「相当ボケる」レンズです。

      /)
           ///)
          /,.=゙””/
   /     i f ,.r='”-‐’つ___   こまけぇこたぁいいんだよ!
  /      /   _,.-‐’~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ”\      `ー’´     /

要は、「一番大きいセンサーサイズであるフルサイズのカメラ本体と、明るい単焦点レンズ買えば誰でもボケる写真が撮れる」。これは間違いない。

※各論はありますが、初心者向けの話として単純化してお話しています。

そんなあなたにオススメなのが「6万円でおつりがくるフルサイズ+明るい単焦点レンズセット」

「フルサイズと明るい単焦点レンズなんて、お高いんでしょう?」そんな声が聞こえてきそうですが、そんな皆さんに吉報。Canonから昔出たカメラと定番レンズであれば、かなりお安く買えてしまいます。お値段合わせてなんと「6万円」。

 

 

なんと、2つ合わせても、6万円でお釣りが来ます。「EOS 5D」はもう販売終了していますので中古ですが、昔買えば20万円はした代物。現在「EOS 5D Mark III」までリリースされています。でも、初心者であんまり高い買い物したくないなら、初代で十分。

またレンズは「EF 50mm F1.8」。F1.8ということは、上記の写真が撮れるくらい「ボケ」る明るいレンズです。こういうスペックのレンズはそれこそ何万円も、中には10万円越えるものもあります。それなのに1万円台。業界では「撒き餌レンズ」と揶揄されるくらい、このレンズでハマる人が多いのです。

ちなみに、会社カメラとレンズは合わせて30万円します。でもカメラ本体のセンサーサイズとレンズの明るさは同じですよ?と考えると、超安く感じる。

「いつかはフルサイズ、いつかは単焦点」でお金を使うくらいなら、「最初からフルサイズ、最初から単焦点」

実は僕の最初のプライベートカメラは「Canon EOS 70D」というモノでした。デジタル一眼レフですが、センサーサイズが「APS-C」でレンズも最初からついているズームレンズでした。正直、あんまり楽しくなかったんですよね。せっかく重いデジイチ買ったのにフルサイズの方がボケるっていうし、ズームレンズも便利だけどボケないし。その時気がつきました、「初心者にとっての写真の楽しさはボケなのだ」と。

IMG_0612.jpg

↑RX100で撮影したボケたとんかつ写真。懐かしい。

実は僕が「ボケ」の素晴らしさを知ったのは、「RX100」という高級コンデジでした。RX100が高級コンデジと言われるゆえんは、「コンデジにしては大きいセンサーサイズ1型」「F1.8の明るいレンズ」なんですよね。よって、上記の写真みたく、被写体に寄るとかなりボケるんですよ。

だから僕は心底思います。「最初からフルサイズ、最初から単焦点レンズ」が良いと。

まあ、勿論デジタル一眼レフは重いしデカいのでスマホライクに写真撮ることを重視するなら、まずはRX100がオススメです。ただ、もっと足を最初から踏み入れたい人には、「EOS 5D+ EF50mm F1.8」を推したい。まあ、でも…

     /)
           ///)
          /,.=゙””/
   /     i f ,.r='”-‐’つ___   こまけぇこたぁいいんだよ!
  /      /   _,.-‐’~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ”\      `ー’´     /

以上、初心者に贈るカメラとレンズのオススメでしたー。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。