toggle
2016-01-27

ランニングで三日坊主にならないために、GPSと心拍数計がついてる時計「Garmin Foreathelete225J」を買っておくべき

DSC02854

数ヶ月前から週3回程度の頻度でジョギングを続けている。計算してみたら、月あたり80km程度は走っていることになる。おかげさまで体調自体はすこぶる良いし、普通に体重が減った。一応目標としてセブのフルマラソンを完走することも掲げている。

今まで良いペースで続けられているのは、間違いなくこの「Garmin Foreathelete225J」おかげである。世の中どんどん便利なものが発売される。ジョギングやランニングのような続きにくい習慣はテクノロジーを駆使して、続けるのが良い。ということでここで紹介。

「脅威のGPS精度」世界中どこでも走ったところを記録できる

Garminというメーカーの強みのひとつは、そのGPS精度にある。今やトレイルラン用の時計やランニング用時計をリリースしているGarminだが、元々は自動車用GPSナビゲーションメーカーだ。この分野では世界トップシェアの実力を持つ。

そんなGarmin社がランニングウォッチを作るとどうなるか?という問いの答えがForeathelete225Jだ。

2016-01-24 11.42.03

例えば上の地図だが、バンコク出張行ったときに早朝にホテルの近くで走ったときの記録。Foreathelete225JのランモードをONにして間もなくGPSの補足が開始し、ほとんどの誤差なく記録してくれた。「海外の国でも高精度に記録を取れる」のは大変ありがたい。

※Foreatheleteには、Garmin Connectという専用アプリがある。一瞬でデータが同期されるので嬉しい。

2016-01-24 12.01.27

「バンコクなんて大都会だろ?辺境地ではGPS補足できんのかよ」という質問にもお答えする。結論は「全く問題ない」。セブ市からバスで数時間、フェリーで1時間の場所にある離島・バンタヤン島でジョギングしたときの記録。

ちなみに周辺地図が簡素なのはGoogleの仕様。「なにもないから真っ白」なのだ。辺りには多少のホテルとひたすら森とビーチしかなかった。そういう場所でも問題なく記録が取れる。ジョガーとしては、「世界中を走ってピン立てたい!!」という欲求に苛まれること間違いなし。それで世界中に行く機会が増えたなら、人生が豊かになって良いんじゃないかと僕は本気で思ってる。

心拍数トレーニングができる!ランニング中に心拍数を正確に測れる心拍計センサー搭載

そして個人的にGarmin Foreathelete225Jの凄いとこは、「心拍数を計りながら走るのに、胸バンドをつけなくてもいい」ところだ。なんと時計の裏に心拍計が搭載されており、時計をつけているだけで心拍数を計れる。スゲェ。

知らない人のために説明すると、一般的に中強度運動をすれば身体にも脳にも良いことがたくさん起きるといわれている。(※詳しくはジョン・レイティーの下記本を参照下さい。)中強度の運動とは、「心拍数が最大心拍数の65%~75%」を維持しながら運動することだ。ゆるゆるペースである。これをもうちょい緩くしたのがいわゆる「スロージョギング」だ。

↑これはもの凄く良い本。運動するモチベーションが科学的なデータのおかげでもの凄く湧く。

しかし、従来のランニングだと心拍数を計るのに胸バンドなるものを装着しなければいけなかった。僕も以前やっていたが、かなり面倒。つけるのも面倒、走っていると擦れて肌が痛くなる。そうこうしているとどんどん走り出すモチベーションが下がっていく。

↑こういうやつ。

その胸バンドをなくせることがForeatheleteの大きなメリット。心拍計が搭載されているから買ったようなもの。

DSC02858

ちなみにこんな感じで裏側に心拍計が搭載されている。(使い込んでるので汚い、すみません)

DSC02865

ピカーっ!と光るわけだ。この緑の光が血中の赤血球をなんらかの形で計測して心拍数をはじき出す。すげえ、テクノロジーだなあ。ガジェオタの血が騒ぐ。

 

DSC02864

心拍数の上限を決めて、それを越えたらバイブレーションと音で知らせてくれるアラート機能もある。これが超役に立つ。僕はついつい飛ばしてしまうので、Foreathelete225Jさんに教えて貰わないと適正ペースがわからん。Garminたんかわいいよペロペロ。

総評

物事を長く規則的に続けていくひとつのコツは、「記録すること」だ。オタキングのレコーディングダイエットでも、「食べたものを記録し続ければ現状を認識し、食べるものに気を遣うようになる」という。節約したければ家計簿アプリで今日のスタバで飲んだ抹茶ラテから記録し始めることが有効なことと同じだ。

ランニングもそうである。「記録すること」という点で、このGarmin Foreathelete225Jはずば抜けて容易だし、何より楽しい。健康のため、フルマラソン出場のため、走り出すには人それぞれ動機がある。せっかくその抱いたその気持ちを、行動に落とし込んで持続させるのが「記録すること」であるし、Foreathelete225Jだ。

これからランニング/ジョギングを始める人にほどオススメ。購入を一考ください。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。