toggle
2016-01-23

現地採用必見!発展途上国の水道水ですらおいしい水にする「クリンスイ ポット型浄水器」がヤバい。

DSC04084

現地採用の味方、Keep Rockin”!BRO!的「買って良かったオブ・ジ・イヤー2015」です。

 

東南アジアに住んで面倒臭いことランキング上位に食い込むこと、それは「飲み水の調達」。

水道水は基本飲めないので、各過程にはでかいウォーターサーバーが置いてあります。ただ、ウォーターサーバーの水を飲むことに対してあんまりテンション上がらない。まず第一に、水が硬くておいしくない。第二に、水タンクが重くて変えるのが面倒臭い。多分東南アジア住まいの方々には、一定の支持が頂ける主張のはずである。

さて、そんな僕を救ってくれた日本製浄水器があるので、ご紹介。その名も「クリンスイ」。

フィリピンの水道水さえも濾過しておいしい水にしてしまう脅威の浄水力

細かいことは抜きにしよう。結論からいえば、クリンスイは「発展途上国フィリピンの水道水さえも濾過しておいしい水にしてしまう」浄水器なのだ。(※どうやらミャンマーの水すらも濾過してしまうとのこと。)

え?マジで?と思うかもしれないが、セブ島のRustansという高級スーパーの担当者に直接質問攻めにしたので間違いない(はず)。彼女いはく、「クリンスイ卸している会社の担当者が日本人で、彼が言っているので間違いない」。(※念のため、他アジア諸国での利用は自己責任でお願いします)

まあ、三菱クリンスイ公式サイトの説明を見るとそれも納得いくかも。

おいしい水道水が飲める___家庭用浄水器の三菱レイヨン・クリンスイ通販サイト

↑なんと、「オレンジジュースと赤さびの水を入れたら飲み水になりました」という奇跡の実験。これ見て買わない人いないでしょ。

実物レビュー

DSC04085

蓋の上にカウンターがついているのだけど、水を濾過する度にカチッと押すとカウンターに表示される数が減っていく仕様。180回程度使えるようだけど、数ヶ月使用した今、未だ100回以上残ってます。かなり長いこと使える。

 

DSC04086

ちなみに、これ口。カパッと蓋をスライドすると水が出る口になります。無駄がない。

 

DSC04087

蓋を開けると円筒状のフィルターが出現。これがもの凄く高機能ゆえ、発展途上国水ですら透き通る柔らかな飲み水にしてしまう。

 

DSC04088

濾過された水は下にどんどん堪っていきます。コーヒーカップでいえば数杯分はある。結構持つんですよ。

お味のほどは・・・

毎日ガブガブ水飲んでますが、なぜか軟らかくて飲みやすい。一言で言うと「おいしい」。なんということでしょう、フィリピンの水道水がおいしく感じるなんて。ウソと思うならお試しあれ、数千円投資する価値のある体験です。

僕はかねてよりウォーターサーバーの水は硬くておいしく感じなかった。これはジャカルタもセブも同じでした。更に、水関連の事業やってる社長さんに「ウォーターサーバーの水は乾かすと白い粉が残るんですよ。カルシウムが多いんですよね。・・・尿路結石になりやすいんです。」と衝撃の事実を教えて貰い、そこからはほとんどウォーターサーバーの水は飲んでいなかったのだ。

そんな僕も、発展途上国で水がおいしく飲める時代になりました。良い世の中だ。

 

総評

マジでありがてぇ。これマジでアジア現地採用なら必携です。こんなものあるのもっと速く知りたかった。

ちなみに最初はポット型でお試しして、気に入ったら蛇口に直接つけるタイプがオススメ。僕も直に移行します。

(※フィリピン・セブ島ならAyala、Rustansの最上階層に両タイプ置いてますのでチェケラ。)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。