デジタル一眼レフを辞めて、高級コンデジに乗り換えたら超快適だった件

Ayala_night

 

これまで -重すぎたデジタル一眼レフ-

以前よりiPhoneのInstagramで写真撮影・現像してFB等にうpすることにハマっておりました。そして数ヶ月、いつもの凝り性が発症して、デジタル一眼レフ Canon 70Dを購入しました。

レンズ含めると10万円以上の投資。我ながら思い切ったと思いましたが、仕事に繋がればという想いもあり、日々持ち歩いていました。

しかし、使い続けていてどうしても我慢ならんことがございました。それは「重い」ということ。僕のCanon 70D+パンケーキレンズ24mmでも合計で800gくらいあります。800gというと、MicrosoftのSurface Pro3と同じくらいです。

しかも、僕はリュックを常用しているため、撮りたい時にカメラがリュックの中にあると、どうしても取り出すのが億劫でした。高い金出したので意地でも使うのですが、それでも、散歩しながらスナップするにはほど遠い。また、先述したように重いため、首や肩からかけるのも憚られます。5D mark II(単体で800g)とか使っているプロはやはり凄まじい。

そこで泣く泣くググりまくったところ、最近は「高級コンデジ」というものが存在するというじゃありませんか。でも、正直あんまり期待していませんでした。だって、コンデジですよ、コンデジ。コンデジとかもう中学生の時に親の借りたくらいでしょうか。多少高級になったからといって、たかが知れている。そう思っていました。実機を触るまでは。

 

最近の高級コンデジはヤバかった。

僕が購入したのはRX100M3

レンズはカールツァイスのレンズ、センサーサイズはコンデジよりも格段に大きい、そしてなによりポケットにラフに入れて持ち歩けるサイズと重量が特徴。その軽さなんと、290g。よくある一眼レフの半分以下の重さ。

ショッピングモールにて実物を触らせてもらいまくったのですが、感想としては「クッソ小さくて軽いデジタル一眼レフ」でした。信じられない、コンデジでこんなに綺麗に撮影できる時代なんですね、今。即買い決定。

下の写真は、僕が「夕方から夜にかけて撮った写真」をLightroomで現像したもの。すごくないですか?これでコンデジですよ?(画像をクリックすると等倍で表示されます)

Ayala_night

 

Ayala_night2

下記ヨドバシカメラのサイトの作例も凄まじい。
フォトヨドバシ SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 SHOOTING REPORT

RX100M3を持ち歩いてて思うのは、「かなり有能なお散歩カメラ」だということです。ちょっと気になった時に、サッと取り出してラフにパシャリ。そんな写真が超高画質。どれだけ、俺得なんだ。
また、「写真はとにかく場数だ」とはとあるフォトグラファーの方のお言葉ですが、このコンデジなら毎日かなり場数も積める。コツコツやれば、普通に撮影スキル向上するんではなかろうか。

 

スマホみたいに手軽に撮りたい、でももっと凝りたい

ここで気付きました。自分は実は、スマホカメラと同じレベルで手軽に、かつ、もっと凝った写真が撮りたかったのだと。こういう人達はかなり多いと思っていて、スマホネイティブな我々世代だと、でかくて重い、鉄の塊のようなデジイチを毎日持ち出すの、無理なんですよね。スマホ世代は、スマホより重いものを持てません。

今時の高級コンデジ、僕の場合はRX100M3は、そんなスマホネイティブで、凝り性なユーザーを丸ごとかっさらっていくんじゃなかろうか。スマホと高級コンデジをポケットに入れて、手ぶらでおでかけする、みたいな。

 

高級コンデジでカメラライフ、はじめます。

というわけで、僕もこれから高級コンデジを毎日持ち歩いて、ガンガン写真撮ってうpしていこうと思います。自分運営のWebメディアで使う写真くらいは、自前で用意できるようになりたい。あわよくば、「おっ、良い写真だね」と言われるくらいにはなりたい。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ主
profile 著者:神農亮(Ryo Kanno)( @kanchan_r )
2014年5月までジャカルタで現地採用→6月よりフィリピン・セブ島の語学学校サウスピークで海外就職サポートの仕事をしています。ご相談お気軽に!
"If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right."
*お問い合わせはこちらよりお願いします。