アジアに行くなら必須!格安ホテル検索サイト「Agoda」

 

格安航空会社のまとめを先に他のブロガーさんにやられてしまい、しょんぼりの @kanchan_r です。

 

海外就職するにあたり渡航諸費は馬鹿にならないと思います。

 

航空券なら今やLCC(各野洲航空会社の総称)があるのでめちゃくちゃ安くアジアに行けます。

 

航空料金が半額以下に!近年増えてきた、日本発着の格安航空券まとめ | Hibilog

この記事がこんなにはてブつけられているということは、まだまだ日本ではLCCが浸透していない証拠だろう・・・。

 

ちなみに僕はエアアジアのキャンペーンを利用して往復3万5千円で行きます。

多分JTBなど日本の航空会社利用するなら片道だけでこの倍はかかる。そう考えるとめちゃくちゃ安い。

 

だが、もうひとつ気になるのはホテルだ。

僕は今回Agodaというサイトを使った。

 

 

海外格安ホテル予約 の Agoda
今のところアジアに行くのであればこのサイトが一番安いかなと。Expedia、トラベルコちゃん等比べてみたけどインドネシアに行く今回はここがダントツで安かった。

プロモーション価格で2000円切ることもあり。2000円帯でも日本でいう4000円帯くらいのホテルだったり、もっと良いホテルだったりするので驚き。これが物価の本気か・・・!

ホテルどこ泊まればいいかと現地人の友人に聴いた。彼も「Agodaで調べてみたら?」と言っていたので、相当有名で信頼性あるんだと思う。

 

泊まる場所決めるときは該当ホテルの地図を見ながらどこらへんがいいかなーと探せば良い。

途上国の場合は交通機関も脆弱なので、バスが通っているかとか近くにショッピングセンターがあるかとか条件を照らし合わせながら決めるのが良い。

ホテル税とサービス料金

Agodaは日本語対応している。とはいえ少し適当かなーと思うところがある。

ホテル税とサービス料金なるものが加算されるのだ。これは予約画面に入らなければ見えない。

Agoda Booking

 

僕が予約したホテルは元々2600円だったものの、400円分税金がかかっていた。

しかも1泊ごとにかかるため400円×13泊分で結局7200円分追加された。およそ宿泊費の1/4だ。

僕はここをすっかり見落としており、3万3000円くらいで済むわ〜とたかをくくっていたのである。いうて安いので別に良いけど、このサンプル画面では一泊につき2500円も税金かかってるな・・・。どえらいことや。

Booking画面に行かないとわからないので、要注意。

 

お金がなくて海外に行けない時代は終わった

ちなみに今回の僕の渡航費と滞在費の総合計は2週間滞在でで7万5千円だ。

 

航空券が往復で3万5千円。滞在費は1泊3000円を13泊なのでおよそ4万円である。

 

こんな感じで、今の時代驚くくらい安くアジアに渡航することができる。もうお金がないから海外へ行けないなんて言わせないw

僕は高校生くらいまでは、お金なくて海外なんていけねーやーとぼやいていたが、それはただこういう情報がなかったからだ。

 

行こうと思えば比較的すぐ行ける。日本人パスポートが力を持つうちにこれから伸びるアジアを体験するのも一興。

 

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ主
profile 著者:神農亮(Ryo Kanno)( @kanchan_r )
2014年5月までジャカルタで現地採用→6月よりフィリピン・セブ島の語学学校サウスピークで海外就職サポートの仕事をしています。ご相談お気軽に!
"If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right."
*お問い合わせはこちらよりお願いします。