toggle
2014-04-01

「外に出」た後に自分で考えることの大切さを説こうと思う

Medium 398077070photo credit: mikebaird via photopin cc

↑ほんとは僕もこんな感じで生きていきたい。

よく「日本人は海外に出なさ過ぎだ。もっと外に出るべきだ」と言う言説を目にする機会があります。僕個人も結構そっちよりなのでわかるのですが、実際に出た身として、かつ出た人々と日頃接している身として、もっと大事かもしれないと思うことがあります。

それは、外に出た後で人生に迷ったとき、自分で考えること、それが必要だと知っておくことということです。知らないと、後で絶望したり慌てたり流されたりしますから。

悩める現地採用

海外で働くというとなんかスーパーな人が得意の語学力を生かしてグローバルに活躍しているイメージがあります。大学2年生の頃の僕もそう思ってました。

現地採用界隈はそんな感じではありません。各々が時には人生に悩み迷いながら、試行錯誤しながら働いているのです。自分はいつまでここに居るのだろうか?結婚はどうするの?このまま働いて次につながるとして、その次って一体なに?etc…
だって、海外に来ても指示を仰げるような人はそう居ません。だってみんなポジショントークなんだもん。そんなもんです。学校じゃないですからね。
それは日本で働いている人達も同じです。だって人間だもの。だからといって、考えを止める理由にはならないので続けます。

上のように、みんな普通の人なんですよ。僕も含めて。物凄く当たり前のことなんでしょうけど。だからこそ、僕は外に出た後のことを考えたいです。単純に結果だけ言えば、駐在かプロ現地採用か、外資か起業になるかと思いますが。

どういう進路を取るかは特に問題ではありません。問題にすべきなのは、それがその人が一番幸せになれる次のステップなのかどうかという点です。

別に3年で日本に帰国しようが、10年インドネシア居ようが、2年ごとに国を変えようが、結果は問題ではないのです。探せばそんな人いっぱいいます。その選択肢が、彼/彼女の失意と妥協の産物なのか、イキイキとした思考の結果なのか、です。僕は許されるのならば、みんな後者であって欲しいと願います。もちろん、自分も。

考えるとはどういうことか

で、そんなとき大事なのは、迷ったときに自分で考えて答えを出せるかどうか、なのです。何も現実ベタベタでこうだから海外就職辞めとけとか言うわけではありません。

僕は、考えるということは、現実を見た上で、そこからどこまで飛べるのか、どんな可能性が期待できて、そこまで飛べるのか、どうやってそれをやるのかを検討することだと思っています。海外就職希望しているとき、みんなその可能性に魅かれて想い想い活動されているかと。僕も決して、現実は辛いよ・・・だからやめとこう・・・と諦めることだとは、1μm(1/1,000mm)も思っていません。

よくブログの読者から、「現地採用って大変そうですよねえ・・・」と言われます。当たり前です、だってそういうこと選んで書いてますから。僕だってほんとはかっこ良く煽りたい。でも僕がこのブログで言いたいのはそこではなく、だからこそ考えてどういう結論が導き出せるのか、というとこです。だって大事なのに誰も言わないんだもん。僕の結論は大体最近の記事に書いてるので割愛。

ちなみに、考える具体的方法論に関しては、「0秒思考」が至極まともなことを言っているのでまだの人は是非。必読レベル。これやってるとほんとに迷わなくなります。まあ要は、悩んでる暇があったらさっさと紙に書いてぶちまけろ、というやつですね。僕もずっと習慣にしているので、100%同意。

考える力なんて当然後天的なものなんでしょうし、本読んでやり方真似ていれば大体できるみたいなので、心配ありません。で、海外就職前にあれこれ考えたところで実感ないからわからん、というのも紛れもない事実でしょうし。

「外に出」た後に考えることを忘れるなかれ

外に出るのは意外と簡単です。具体的に言えば、ビザが降りて、入社できる会社があればできます。そのハードルは案外低いです。もちろん国によっては条件とかありますが。

でも外に出た後、みんな、多分一人残らず迷い悩むことになります。頭の回転速くて凄そうな人も一瞬だけ悩んでいます。そういう人は、自分で考える力があるので無駄に悩まなくて済むのです。それだけ。

そのとき、自分で考えて自分の答えを出せるように、他人に無駄に惑わされないように、自分の人生に有益な一手を打てるようにならなければなりません。

そのために、外に出た後に考えることの必要性、重要性を知っていると知らないのとでは大きな違いです。だから今回書きました。
海外就職を考える方々へのなにかしらの一助にでもなれば、幸いです。

関連記事