今の仕事にやりがいを感じる3つの理由

2013 12 27 12 45 19

今サラリーマンとしてやってる仕事って、結構楽しいしやりがいがあるなあと感じます。なんでなんだろうか、と考えた結果、下記3点の条件を満たしているからだということに気がついたのでここに書いておきます。

1. 作業レベルの行為をたのしいと思えるか
2. その先で実現しなければならないことに価値を置けるかどうか
3.自由意志

1. 作業レベルの行為をたのしいと思えるかどうか

例えば僕は一カ所にずっと居ることが苦手です。これはもう性格の問題で、飽き性だしイラチな関西人です。本来なら住む国とか地域とか家も数年スパンで移動したいレベル。なので、ひたすら店に居なければならない店長職とかって苦痛でしかありません。小さな箱の中でずっと仕事するとか気が狂いそうになります。逆に、色んなところに飛び回る今みたいな営業職なんかはたのしいです。
たぶんマクドナルドでハンバーガー作ることには喜びは見いだせないですが、プレゼン資料をしこしこ作ることは好きです、結構。

これって作業レベルでその仕事をたのしいと思えるかどうか、なんですよね。このブログでもそう。ひらめいたことに対してReasoningする、とか説明することは好きですし、書く行為そのものも全然好きです。だから苦痛ではない。
自分の仕事としてこの要素は意外と大事なんだなあと思います。作業レベルでたのしくなければ基本的にルーティンワークたのしくないですから。

2. その先で実現しなければならないことに価値を置けるかどうか

例えば、仕事でもそうでなくても、初めてインドネシア来る人のエスコートをすることが最近多いです。でも回数が増えてきた今思うのですが、これがもし職業ならそんな楽しくないなーと思ってしまいます。なぜなら、このツアーコンダクター業で実現されるバリューに特に価値を感じないからです。
インドネシアを多くの人に知ってもらいたいですが、別に元から理解がない人に対してはどうとも思わないですし、勘違いして自分がインドネシア人より偉いとか思ってる人にはもはや理解してもらいたいとすら思いません。

逆に、今の仕事なんかは楽しい。なぜなら、その仕事で実現されうるバリューがとても価値あるものだと感じられるからです。
今の仕事は自分達が良い提案をして仕事することで、お客さんの生産性が上がったりします。そうなれば、たくさんモノを作れるようになり、たくさんの消費者がその製品を使えることになるんでしょう。もしコスト削減に貢献できれば、人件費が上がって辛いこのご時世、その会社がもっとうまいことやっていく一助になったと言えます。それってこのインドネシアの成長産業の一助になるわけですから、僕にとって今とても意義深いものだと思えます。

なんで意義深いと思うのかと言われるとそう思うんだから仕方がないレベルなんですが。

自分の仕事が自分が意義深いと思えるアウトプットにつながっているかどうかは、達成感を得られるかどうかに関わります。それがあれば、その意義深いことを達成したい!というモチベーションが湧きます。

3.自由意志

最後にこれ。今の会社ではかなりまるっと仕事を任せてもらっています。失敗すれば自分が謝らなければいけないですし、責任を取らなければ行けないのでそういう意味では厳しいかもしれません。
でも、インドネシアンのパートナーも居てどうやって成果を上げるのか、を自分の頭で考えてやれる。それにより、今俺はここに居て自分の責任で動く事を認められていると感じます。
自由意志を持つ存在として評価される前提がある、というのは自尊心が強い自己にとってはモチベーションが上がる前提となります。僕みたいな。

逆に、否定されてどこまで頑張れるかで成長の度合いが決まる、とか自分の上司に当たる人がすべて決めて自分は手足として動くのみ、とかそういう環境だとダメになってしまいます。

以上のように、仕事で達成感、やりがい、たのしさを感じれるかどうかには、作業レベルで好きになれるか、仕事で実現できるバリューを価値あるものと思えるかどうか、自由意志を持つ個としての前提を認めてもらえるかどうか、で決まるのだろうなあと感じました。

今そういう仕事に就くことができて、ひたすらにありがたいです。

by
関連記事
ブログ主
profile 著者:神農亮(Ryo Kanno)( @kanchan_r )
2014年5月までジャカルタで現地採用→6月よりフィリピン・セブ島の語学学校サウスピークで海外就職サポートの仕事をしています。ご相談お気軽に!
"If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right."
*お問い合わせはこちらよりお願いします。