toggle
2013-10-15

ポジティブとネガティブの違い

Medium 3057284879
photo credit: Wavy1 via photopin cc

ポジティブでアグレッシブな人に会い、同じような人々の話も聴く機会がありました。そこで思ったことがあります。ポジティブとネガティブの違いは、ただのアプローチの仕方の違いなんだと。

ポジティブなアプローチ

彼ら彼女らは、基本的にこれからのことは大体どうにかなると思っています。で、なにか課題が見つかればなんでそうなるんだろう、どうやれば突破できるんだろう?と考えます。

その時には体裁とか、世間体とかどうでもいい。自分はこれがワクワクすると思っていて、それに到達するに邪魔なことや解決すべきことは何かを考える。

例えば海外で働きたい、海外の好きな場所でたのしく生きていきたい人が居るとします。ポジティブな彼は、どうすればそれが達成されるのかのみに集中します。そこに新卒で海外就職はしんどいらしいよ、とか日本に帰れなくなるかもよとかいう一般論は一切介入しません。
そのため他人からは自由だねーと言われたり、好きなことをやっていると言われたり。

ネガティブなアプローチ

翻ってネガティブな人は、自分の中で粗探しをします。これからのことを考えた時に、自分の方向性が正しいと証明できるように自分の漕ぐ船の穴を探し、塞ごうとする。そこにはこのままじゃ心配だとか、失敗は許されないとかそういう思考が働きます。

例えば海外就職したいと思ったときに、自分がそう思う理由を探します。で論理的におかしいところがあれば半ば自己洗脳的に理由を作ったり。他人になんで海外就職なの?と聞かれた時に、万人が納得いくような説明をできるように練ったりします。

自分の場合

どっちが良い悪いではなく、どうアプローチするかの違いなんでしょう。

ちなみに僕は、ポジティブベースのネガティブなフリしてるタイプです。心の底では大体のことはどうにでもなるとたかをくくっているし正直人が何をやっているかで不安になることはありません。むしろ人と同じことしたくないと思うくらい。

でも無意識に敢えてネガティブな粗探しをします。ポジティブベースな根幹は揺らぐことはないですが、なにかと人とコミュニケーションとるときに論理的な理由云々が合った方が楽であるという趣旨の元、どんどん穴を塞ごうとするのです。

そのおかげで、例えば自分が海外就職をしようと思った理由とか聞かれる度に変わっている気がします。大事なことは一言で語れるほど人間は単純にできていません。そんで相手に論理的に納得してもらおうとその破片をその都度言います。でもほんとに大元のところでは、気胸で入院中に今まで1mmもやらなかった読書しまくって急激に頭の中での世界が広がって、実際に自分で体験してみたいと衝動が止まらなかったとか。あんまり人がやってなさそうだったとか、そういう取るに足らないことだったり。

もっと自分に正直たれ

今回思ったのは、もっと自分はポジティブさを発露させてもいいんじゃないかということです。
もっと自分に正直にポジティブに振り切れてもいいんじゃないか。僕は他人からどちらかというと、バランス感覚が良い人と評価されることが多いです。良い文脈であれ悪い文脈であれ。これは自分の素養とか強み、ではなくて無理している。無理して無難なんですよね。蓋してる。

多分振り切れるの怖いんですよね。これでも他人から批判されることに大変臆病なので。でも中途半端にバランスとるより、振り切れてしまって周囲の声聞こえなくなるくらいがほんとは一番自分に正直なんじゃないでしょうか。

なのでこれからはもっと自分に正直に振り切れたらと思います。それがこのブログの端々に表れたらいいなあ。

関連記事