なぜブログを書くのか、何を書くのか

 

最近こんな本が発売された。どうもプロブロガーになるためのテクニックが惜しげも無く公開されているらしい。(すみません、読んでません・・・)

毎日更新する、とか見出しは一目をひくようなものに、とか諸々書いてある。なるほど、多分プロブロガーになるために必要なエッセンスがたんまり詰まっているんだろう。

僕もいつも読ませていただいてるブログでもみんながみんなとりあげていて、本書の持つ威力を思い知る。これを読んでプロブロガー目指す人も続々と出てくるんだろう。実際にブログで収益得てるくらいの人々がやってること書いてあるよう。そんな貴重なソースを本として出版するなんて太っ腹。

 

しかし。

 

僕はあまり釈然としなかった。なんというか、うーん、と言いたくなるような。

 

最近のはてなホッテントリを見て感じるような、違和感。いや、まあ別にいいんですが。はてなにホッテントリしたことないし。いつも恩恵受けてるし。
こういうコンテンツが気になるのも、実際自分もブログの書き方とか何を書くかで結構模索していたからだ。でもそれなりに現状の結論は出た。

 

そんなときちょーど、敬愛するブロガー beck氏がブログ論について語っていたのでそれに呼応するがごとく僕もここに吐き出しておく。ナイスタイミング。

 

僕にとってのブログとは

 

まず始めに立場を表明しておきたい。僕にとってのブログは、思考のアウトプットだ。最近改めて気付いた。

 

先日の記事でも触れたが、僕のモチベーションの源泉はとある欲求にすぎない。それは一種のフラストレーションで、内からむくむくと湧き出ようとしてなかなか出ることが出来ない欲だ。

 

ブログに関してもそうである。自分の未完成な思考を、未完成なままでもとにかく吐き出したい。そんな欲求が原動力になっている。その割に大したこと書いてないし頻度もそこそこやんけとか言わない。

だから、なぜブログを書くのかと言われればこう答えるしか無い。

 

自分の思考を吐き出したいから。そしてそれでどこかの誰かの気付きになればなお良いし嬉しい。

 

以前のエントリを見直していただけるとよくわかるが、このブログの最初の記事なんかは色んな人にウケてもらいたいという意識が見え見えである。その方向性でそれなりにがんばっていた。

それはそれで全然良いんだけど、そういう文章書いてると全然楽しくない。今くらい自由に書いてる方がよっぽど楽しい。

しかし。

 

その着地点はもっと重要だ。思考吐き出してどうしたいのか、どうなればいいと思っているのか。
僕はこのブログを読んで自分という人間を理解していただければと思っている。最終的な着地地点はここ。

 

セルフブランディングという流行の言葉を使うつもりもないのだけど、自分の分身になるレベルで書けたらいいなあなんて思っている。
個人ブログは著者のリアルが滲み出るぐらいが丁度いい。ググれば出てくる情報を載せてるのではなくて、人間の生々しさ痛さが出てるくらいが価値がある。

加えてインプット→アウトプットの訓練という意味も当然ある。インプットに自分なりの意味付けをして他人に発信するというのは良い訓練になるから。

 

何を書くのか

 

さて。ここでやっと何を書くのかという話になる。
先ほどブログを書く理由を、自分の思考を吐き出したいからだと書いた。なので、自動的に書くことは自分の思考ということになる。なんのおもしろみもなくて申し訳ないが。
ただ毎日あったできごと羅列するつもりは毛頭ない。それはただのmixi日記だ。それに価値がないとは思わないが、多分他人とってそこまで価値はない。

かといって、iPhoneアプリの紹介とか手帳術の紹介とか、銀座のApple Storeに並んで日本で初めてAppleの新製品を買ったぞーというイベントを書く気もない。楽しくないから。(一応何度か試みた)
でも上でも書いたように、少しは誰かのためになればいいななんて思いながら書いている。いいねがつかなくても(ついてほしいけど)はてブがつかなくても(ついてほしいけど)読んでくれた誰かのためになればと。

前回のエントリ読んで都会にいっちょやるか!と飛び出す若者が1人でも増えたら嬉しいし、この記事を読んでブログ始める人が一人でも増えたら超嬉しい。

 

なので大体いつも自分の日常における気づきや考えたことを小論文形式で書いている。命題→立場→論拠→結論みたいに。

 

1年ほど曲がりなりに書いてみて、この構成力みたいなのは以前よりかはアップしたと思う、以前よりかはだが。ロジックを組み立てる力は何をするにもベースとなるのでここは若いうちに磨いておきたい。
ここでも顕著なのが、ロジックはそこまで重視していないということ。多分それよりも文章のリズムや見てくれの方が大事にしたい。なので書いているときは年密にロジックをこねこねするのではなくて、大体感覚で書いている。それでもロジックがベースにはあってほしいのだけど。

 

ブログで出る個性って2つあると思う。

  1. 切り口
  2. 文章(文体)

 

まあどっちもおもしろいに越したことは無いんだけど、僕は依然前者が苦手だ。おもしろい切り口で書ける自信があまりない。前者おもしろい人マジで尊敬します。
だからというわけではないのだけど、自然と後者の方が自分の個性を出せる。と思っている。昔mixiでつれづれに日記を書いていたときも文章の方が評判良かった。最近めっきりフォーマルな文章を目指していたので普通になってしまったのだけど、これからはよりこの文体やリズム感を重視して鍛えていきたい。もちろんここで。

 

こんな感じで僕は、自分が書きたいように書きたいものを書くのが一番だと言うことだ、というとこに着陸した。
そらもちろんなにかの紹介記事の方がウケいい。短くわかりやすい中学生でもわかるような文章で構成されている記事の方がバズるだろう。
でも僕はあえて、時折リズムのために文章を長くしたり、意味深なタイトルつけたりする方が好き。なのでその方向性でいくことにしよう。そう、全ては着地地点、目的で決まる。

という独白でした。

 

 

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ主
profile 著者:神農亮(Ryo Kanno)( @kanchan_r )
2014年5月までジャカルタで現地採用→6月よりフィリピン・セブ島の語学学校サウスピークで海外就職サポートの仕事をしています。ご相談お気軽に!
"If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right."
*お問い合わせはこちらよりお願いします。