インドネシアで次々起きる不測の事態に対応するときの3つのコツ

インドネシアで働いていればほんとに色んなことが起きる。予想していなかったことが起きると

人間焦ってしまうものだ。

とはいうものの、計画通りいくことなんてめったにないだろう。計画通りいった試しがない。

そんなとき、ちょっとしたコツがあるなあとおもたのでメモ。短いです。

0.起きたことありのままを受け止める

まず大前提の姿勢。目の前で起きたことはもう諦めてありのままを受け入れよう。

計画通りいくことなんてないさ。基本的に遅延する。もういいじゃん。遅れてしまったものはしゃあない。

1.その場で笑いとばす

まず笑おう。ハッハー、マジかータハー・・・。ため息が混じっても良いのでとりあえず笑ってごまかそう。今日イミグレのおっさんはミスして笑ってたよ。ハッハー。

2.そして深呼吸

その場で大きく深呼吸ーー。ラジオ体操ばりに。

3.その後に次の行動はなにをすべきかを考える

血中に酸素をたくさん送り込んだところで我に返ろう。ハッ、次はどうしたらいいんだ・・・。

大体不測の自体が起きる場合は後の予定が狂ったり、誰かを待たせていたりする。なので早急に次の行動を考えるべき。

はーダメだーもう嫌だーと嘆くのは定時後にしよう。

んでなんでも楽しんだもの勝ちなのでいっそ楽しんじゃえ。うん、それしかない。

以上。インドネシアで気楽に働くプチ心得でした。

by
関連記事
ブログ主
profile 著者:神農亮(Ryo Kanno)( @kanchan_r )
2014年5月までジャカルタで現地採用→6月よりフィリピン・セブ島の語学学校サウスピークで海外就職サポートの仕事をしています。ご相談お気軽に!
"If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right."
*お問い合わせはこちらよりお願いします。