toggle
2012-05-01

関越道バス事故を受けて思うこと

久々に腹の奥底から憤っている。バス事故のニュースが世間を騒がせている件だ。それについて無知ではあるが私見を書きたい。
僕が言いたいのは、

自社の事業の本質を犠牲にしてまでやる事業なんてやめてしまえ。

ということだ。


今回の事故の原因は運転手の居眠りだと聴いている。生き残った乗客も運転手が休憩時間に突っ伏して寝ていたとか相当疲れていたみたいと供述しているようだ。実際運転手が疲弊していたのは事実だろう。
ただ通常は2人で運転なのにもかかわらず、この件では彼ひとりだったようだ。

だが、重要かつ見落としがちなのはそこではない。なぜ当該運転手が居眠りをしていたのか、である。なぜ運転手は2人ではなく1人だったのか、である。

無知な僕ですら考えがつくのは、人件費の行き過ぎた削減だ。
人件費は一般に変動費というくくりで扱われる。言葉の通り、とても変動しやすく、企業が費用を削減しまくって最後にぶちあたるのがここだ。
これに関して触れているニュースもある。

どんなバス会社でも一人で運転した方が気を使わなくてすむから高速バスは一人運転にしようなんて思わない。

事実としてバス運行事業が厳しい経営環境に置かれていたということは日の目を見るより明らかだ。僕も一夜行バスヘビーユーザーなのでよくわかる。

いうまでもないが今バス運行事業では価格競争が起きている。5000円出せば東京大阪間を行くことが出来る。しかもサービスレベルも結構高い。
5000円のバスなのに座席は結構ゆとりがあるし、この前なんか席に座りながら前の席に埋め込んである画面で映画を見ることが出来た。5000円でこれは驚きのレベルだ。聴くところに寄ると3500円のバスもあるそう。

このような設備に対する価格を鑑みても、当該事業会社の家計が火の車であることは容易に想像がつく。

だがここで考えてもらいたい。バス運行会社が売っているモノとはなんだろうか?
東京大阪間の片道バスという商品?そんなことは誰にでもわかる。そうではなく彼らは移動手段を売っていると同時に、安全性を売っているに等しいということなのだ。
利用者は完全に安心しきって利用する。大部分の利用者はそうだ。今回の被害者の皆様然り、僕も然りである。
その証拠に、高速バスを使うか使わないかが話にでるキーワードは決まっている。それは「価格」と「乗車環境」だ。

要は安くてしんどい方を取るのか、1万数千円出して快適な移動にするのか。利用者はそこしか見ていない。
ということは、安全性というのは担保されているものと思っているのだ。思っていると言うより、信じきっているというのに近い。

ということは、当該バス運行会社はバスという移動手段を売っていると同時に、その中に安全性が含まれている。彼らがどう思っていようが含まれているはずである。楽天の高速バス予約ページに「サービスに対する価格の企業努力により安全性は担保されません。万が一事故が起きても当社は一切責任を負いかねます」などという記述なんてないわけである。

世間では商品に安全性が担保されている商売は他にもある。例えば飲食業がそうだ。僕も最初のころは「我々は商品とともに安全性を売っている」と何度も言い聞かされたものだ。だから賞味期限を雑に扱う人間はひどくしかられた。

ただ、もう一度考えてほしい。
人件費削減により疲弊したまま仕事をする労働者に、安全性など担保できるのだろうか?
僕は思う。できない、と。人間ギリギリまで追いつめられたら思考を停止して自分を見失う。
ワタミの一件もそうだ。もしかしたら幸せな僕らからすれば自殺なんて信じられないし、自分の命を粗末にするなと思うかもしれない。

しかし当の本人にはそんな理屈通用しない。なぜならそんなことも考えられないくらいの肉体状態であり精神状態だからだ。人間疲労がピークになると他人はおろか、自分のことも考えられなくなる。

そう、明らかに無理な商売だったのだ。誰が見ても。
そらデフレの国では価格を下げないと顧客は買ってくれない。かつ、高いサービスに慣れている顧客はサービスレベルも維持したいと思う。そんな世に過当競争の業界を生き抜いていくためにはギリギリまで費用を削らなければならない。

同時に自分の消費者としての在り方も考えさせられた。これは消費者が今の消費者たるからこそ起きた事故だ。サービスは高くて価格が安いものから消費する僕らだからこそ起きた事件だ。こういう事故を起こしている起点は、僕らでもあるということを肝に銘じたい。

ただ、自らの事業の本質さえ見誤るくらいなら、そもそもそんな商売やめてしまえとも思う。
哀しい気持ちとともに、憤りにまみれざるをえない事件でした。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。