toggle
2013-04-30

Keep Rockin’! BRO!を始めて1年が経ちました

気がついたらこのブログ初めて1周年でした。

依然弱小ブロガー、いやブロガーと名乗っていいものか迷うくらいですが、こういうのは名乗ったものがちなのでそういうことにしておきます。ということで今の気持ちを吐露しておきます。長文スマソ。

振り返ってみると1年経ってみて当初に比べてたくさんの人に読んでもらえるようになりました。

190人の方からいいね!してもらい、140人の方から定期購読してもらい、結果月々3万PVほどになりました。弱小ブロガーであるものの、記事数も気がつけば100個を超えていました。3日に一度くらいのペースで書いていることになりますかね。意外と書いているなあ。

こうして1年間も続けてこられたのも、日々拙い文章を読んでくれる読者のみなさんのおかげです。ジャカルタに関する問い合わせも然りですが、最近はMessage Leafという画面右下にある顔の見えるメッセージサービス経由で応援のメッセージを頂いたりすると本人は超テンションあがります。がんばりまっす!てなります。ほんとにどんどんくださいw

 

 

このブログで書いている、「海外で働くとはどういうことなのか?」ということはどうやら今のところ僕のライフワークになっているみたいです。自己啓発的ビジネス書っぽい物言いをすれば、見返りがなくても向き合いたくなる問題意識、です。ここで書くこと自体はお金を貰わなくても引き続きやるだろうし、たとえPVがなくてもひたすら書いているんだと思います。それくらい僕の中では重要なトピック。

それを当事者であり、しかもまだクソ若造の20代である自分が自分で経験したことに基づいてこの目線で、かつ日本語で日本人に対して書くということを大事にしています。これってあんまりないのではないでしょうか。特に評論家ではなく、当事者としてというとこが大事。

たまーに、海外に住んでるのになんで日本語で書いているの?と言われることもあります。うん、確かにそうだ。でもね、僕は基本的にこのトピックに興味がある日本人に対して書いているんです。だから自分にとって価値があるんです。そうでなければ、インドネシア語でインドネシア人に向けて「インドネシアで働く日本人ブログ」やってもいいでしょう。でもそれ別に僕はあんまり大事じゃないんですね。それはそれでおもしろそうだけどw

海外で働くということを当事者の目線で、あくまで経験則に従って、この20代の若造が思う掛け値なしの気づきを書いていくこと。そしてあわよくば日本に居る若者を啓蒙すること、もう既に海外で働いている日本人も啓蒙すること。それが僕がこのブログをやっている目的です。

 

 

最近は一番読んでほしい対象もなんとなくですが見えてきました。なのでそのイメージを頭にずっと書いています。

ちきりん女史がこんなことをつぶやいていました。

僕なんかが誰かに影響を与えるというのもおこがましいですが、読者の方にそういって頂く機会もありました。僕がここで感じて書いた文章を読んでなにかアクションにつながればこれほど嬉しいことはありません。そして、そういう価値のあるブログメディアにしていきたい、と今は強く思います。

 

 

Keep Rockin’!BRO!は僕が日本を去るときに、友人から贈ってもらった言葉から始まりました。

あまりにも自分の人生方針とドンピシャであり、ビジョンみたいなものを表していておお、あなたが神か、と思ったことを未だに覚えています。日本語で説明すると陳腐になってしまいそうな。だから僕は常にこの言葉をそのまま感じています。

僕もこれからも引き続きこの言葉を胸にそう在り続けていきたいと思います。そしてこのKeep Rockin’!BRO!を読んで、何かしらの良いアクションにつながれば幸いです。

ということで、1年間ありがとうございました。そして引き続きよろしくおねがいします!

関連記事