toggle
2013-04-24

ユニクロの世界同一賃金制が別に普通な件


medium_319412079

ユニクロの柳井さんがやべえ。やべえこと言ってる。

ユニクロ、「世界同一賃金」導入へ

ここまで言い切る日本企業の経営者は今のところいないので、それだけ日本社会には衝撃を与えているようです。で、ネット見てると大部分が批判的意見。論拠はよくわからん。

でも僕は感覚的思います。別に普通じゃねこれ?

いやだからもうグローバル化してるんだって

 

多くの人が気付いているのか気付いていないのか、もう日本人も他の国々の人との競争にさらされつつあるんですよね。もちろん日本に居れば日本語ネイティブでないと今のところ負けない業界がたくさんあるんだろうけど。時代の流れとして当然のごとくそうなっていくんですよね。

その論拠はもう既にたくさんの人が語っているのでここでは割愛。そこらへん気になる人は迷わずこれを読もう。宣伝でなく。

 

ましてやユニクロのような目がチェーンならどこの世界でも同じ仕事をやれば同じ利益が稼げて、同じ給料になるのは当たり前じゃね?そこで付加価値出せる人は昇進したり給料も上がるんだろうし、そうでない人は下がるんでしょう。それが外国人と競争になるだけ。

例として僕が働き住んでいるジャカルタのお話をしましょう。僕のオフィスビルは外資もローカル系もたくさん入っている結構ええとこのオフィスビルです。そこには毎朝毎晩高級車を乗り付けるインドネシア人で溢れかえり、なんかみんなとても裕福層な感じです。

予測でしかないんだけど、多分僕なんかよりも良い給料貰ってる人めちゃくちゃたくさん居ると思います。僕なんか中産階層です。

他社見てもインドネシアンでできる人の給料て上がってます。最低賃金上がればその上の人達のお給料も上げないといけないですからね。マネジャーレベルだと引き抜きが結構あって、月うん十万とかもろてる人も居ます。少なくありません。古典的な日本企業くらいですよ、マネジメントレベル全員日本人なの。で、彼らは英語もできるし専門知識にも長けている。

という風にこれだけ見ても既にそこそこの日本人よりも稼いでる新興国サラリーマンなんぞたくさん居るんですね。

僕なんか今お給料が比較的高いのは、別に専門性が高いからなわけでも営業力が抜群にあるからでもありません。まだ入社して9ヶ月だし。それは日本人に対して日本的サービスができるからです。この点は今のところ負けません。そらそうだ。

でもそれって日本企業間だけだし、ローカル企業に営業に行くならローカル担当者の方がたくさん情報取ってくるだろうし、人間関係も築き易い。そうなれば受注もとり易い。もしそこで日本語もネイティブレベルでできて、仕事も超できる信頼度抜群なインドネシアンが居たら俺よりも給料高いでしょうね。当然。そうなれば、かつ僕がのんきにやってれば僕の給料は相対的に下がるでしょう。

 

そうなると別にユニクロが全世界全店舗で同一賃金制を導入してもおかしくないんじゃない?て思います。

付加価値を出せない人は高い給料貰えないんですよ。すごいシンプル。付加価値をどこでも出せる人は給料が高い、価値を出せない人はどんどん落ちていく。

もちろん、国によって税制も違えば保険も違うし、生活コストも違う、相手にするお客さんも違う。それなのになんでお給料だけ同じなんだという批判もあるでしょう。うんうん。

でも結局どこの国でもユニクロ来るくらいの人ってあんまそこまで層変わらないんじゃないですかね。ジャカルタにもユニクロできますけど、多分中産階層より上の方々がご来店するんだと思いますよ。だってできるの今一番新しいかつジャカルタのど真ん中にあるモールで(まだ建設中)、周り金持ち街だし。あそこに例えば毎日そこらへんの屋台でしかご飯を食べないくらいの人々が来るとは思えない。結局そういうことなんですよ。ちなみに俺からしてもああいうモールのお店は軒並み結構高い。

もちろん日本に居ればまだその風は感じないかもしれません。僕がインドネシアで働いていて、インドネシア人に囲まれながら常に自分のバリューを考えざるをえないからかもしれません。僕もバリューが出せなければ食いっぱぐれると毎日頭のどこかで考えています。

なので僕はどっからどう考えてもユニクロの今回の決断は違和感は感じません。

 

どこに居ても付加価値出せる人はお給料が上がる、どこに居ても付加価値出せない人はお給料が下がる。日本人、アメリカ人、中国人、インドネシア人関係ない。

そのすんごいシンプルなことを、ちょいと早めにユニクロが先手打っただけのこと。良くも悪くもユニクロは先を行くなあ。でももう「先」のことでもなくて。そういう未来ってもうすぐそこ、手が届きそうなとこまで来てる。ああ、なんというフラット化する世界。

若い人は今どこの国に居てどこで働いていようが、こういう流れに敏感になるべきです。こういう流れを楽しみながらも、健全な危機意識を持って仕事に励みたいものです。

 

 

 


関連記事

コメント2件

  • Zacky より:

    最近、カンノさんのブログ読み始めました。
    ユニクロの話、私も同意見です。
    このブログでいろいろ勉強させてもらってます。
    感謝の気持ちを込めてコメント残します。

  • Ryo Kanno より:

    コメントありがとうございます!
    そしてこの拙文読んでいただいてありがとうございます。
    ユニクロ、批判されているのは元々ブラックと批判されていたからというのもあるでしょうね・・・
    こちらこそまだまだ勉強中の身ですので、引き続きよろしくおねがいします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。