toggle
2012-12-16

Kindle Paperwhiteがジャカルタ最凶の渋滞を快適な読書環境にしてくれる3つの理由

SONY DSC

Amazonの読書専用端末Kindle paperwhiteを買いました!!

遂に・・・遂に、という感覚が拭えません。元々読書という行為自体好きだったのですが、そんな僕も遂に電子書籍に手を出す時代になってきました。

今回はインドネシア、ジャカルタで働く人がKindleを使うべき理由を僕なりにまとめてみようと思います。ジャカルタ在住外国人の皆様もあるあると頷くような内容になっております。

0.目的:渋滞時間の有効活用

 

ジャカルタと言えば世界最強、いや最凶級の渋滞。営業職の大部分の人はオフィスに居るより車の中に居る時間の方が長いです。僕は工業団地に営業に行くのですが、行き1時間ちょい、帰りは2時間です。もっと遠くの人はこの倍近くかかります。

その中では寝て過ごす人、TwitterやFBやる人がほとんどだと思います。

それでもいいですが、ここはKindleで読書をしてみましょう。あの苦痛な渋滞が一気に自分の勉強時間or趣味の時間に早変わり。

ここで働く人には若い人も多いかと思いますが、仕事でわからないこともたくさんあることでしょう。先輩も少ないですので仕事の仕方で分からないこと、マインドなんかは自分で自主的に学んで行かなければなりません。

読書は自分で学ぶことにおいて、ひとつの良い方法でしょう。日本で働く日本人が通勤電車で読書するように、僕らも車の中は勉強時間に充てれば仕事も捗ります。

そんな渋滞の中でKindle Paperwhiteがいかに読みやすい端末なのか以下証明します。

 

1.片手で読めちゃうサイズ感と軽さ

 

車の中で長時間過ごす僕らにとって、本の重さと大きさはとても大事なことです。

Kindle Paperwhiteは片手で読むことができるサイズでとても軽いです。以下はiPhoneと比べてみた写真。

SONY DSC

 

かなり小さいことがわかるでしょう。いわゆる文庫サイズですね。このスペックなら車内で読んでても疲れませんし、読みやすいです。

ページ送りのタップ範囲も片手で問題なく操作できるエリアにありGood.

 

2.渋滞&多少の悪路でも快適に読書ができるE-Ink & バックライト

 

実はこれめちゃくちゃ大きい。

ジャカルタ含めインドネシアの道路はなぜか基本的に凸凹していてとても揺れます。そんな中PCやiPadの液晶を見ていると気持ちが悪くなります。車の中で携帯をいじっていて気分が悪くなった経験のある人は少なくないでしょう。だから移動時間は寝て過ごす方が多いです。

でもKindle PaperwhiteはE-Inkという液晶でない、まるで本物の紙のようなものを採用しています。そのおかげで多少揺れている中で文字を読んでも疲れません。

加えてバックライト機能もあるので、夜車内が暗くなってからでも問題ありません。もちろん液晶より全然目は疲れません。

これは車の中で読むにあたって一番大事な機能かもしれません。僕はこれが決め手でKindleを購入したと言っても過言ではありません。

 

3.ジャカルタで手に入らない邦書、洋書が安値で手に入る

 

ジャカルタの読書環境の最大の問題として最後に挙げられるのは、品揃えの薄さ、価格の高さです。

本屋行ってもあんまり本置いてません。一応紀伊国屋あるんですが。日本語の本なんてもってのほか。

さらに輸入税が課されて通常の2倍くらいの値段になります。これじゃあほぼ読書は不可能と思われました。

しかしそこでKindle Storeの登場。

Kindleでは洋書であればめちゃくちゃたくさん品揃えがありますし、日本語の本も意外と多いです。きっとこれからどんどん品揃えも増えて行くことでしょう。

値段はKindle価格なので20%~50%くらい値引きされています。

これはジャカルタの、本好きに易しくない環境に居る人にとっては朗報でしかありません。

 

 

以上、渋滞の無駄な時間による鬱憤が一気に解消されたKindleのご紹介でした。

ちなみにKindleはインドネシアでは手に入らないため、日本から来る出張者や友達にハンドキャリーしてもらいましょう。Amazon.co.idができるのを願うばかりです。

 

 

関連記事

コメント3件

  • Kei より:

    Kindle本のことを調べていたら、こちらのブログにたどり着き、拝見しました。私も海外在住ですのが、地域によって事情が違うのですね。大変興味深い記事をありがとうございます。読んでいて疑問に思ったので、ひとつ質問をいいでしょうか?インドネシア人のかたは、Kindle本を購入されるのですか?自国にamazonがないのでどうされているのかなと疑問に思いました。iTunesとかで買われるのでしょうか?すみません、素人な質問で… これからも記事を楽しみにしています!

  • Ryo Kanno より:

    Keiさん
    コメントありがとうございます!
    インドネシア人の皆さんがKindle読んでるのは見たことないですね、多分紙ベースだと思います。
    もしかしたらお金持ちの人なんかはUSアカウントとか持っているかもしれませんね。
    僕も聴いたことがないのでなんとも回答になっておりませんが、こんな感じかと。

  • Kei より:

    ご返答ありがとうございました。
    やはり紙ベースで読んでいるかたの方が多いのでしょうね。

    突拍子も無い質問に、ご丁寧にお答えいただき感謝しております。

    これからも楽しみにしています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。