toggle
2012-10-08

インドネシアでインドネシア語留学する方法【海外保険&予防接種編】

@kanchan_rです。

今回で3部作目です。 日本人留学生 @sakiyo08 さんが実際にどんな保険に入っていて、予防接種に関してどう考えているのか実際に書かれています。参考にしてみてください。

海外保険

 

  • AIU海外旅行保険(留学用)

海外旅行保険は忘れずに加入しましょう。お腹を壊して入院などはよく聞く話です。

実際私も滞在約1ヶ月目で原因不明の39度超の熱が3日も続き、その後肺炎になるなどかなり病院にお世話になっています。

私はベタですがAIU海外旅行保険の留学用を使っています。

この保険のメリットは、キャッシュレスサービスが受けられるところです。

このキャッシュレスサービスというのは、保険証を持って行けば、診察料は払わずに診察が受けられ、薬ももらえるというものです。

 

  • 日系病院(SOSクリニック、タケノコクリニック)

インドネシアには日系病院がいくつかあります。電話で日本語での問い合わせも可能です。

病院によっては日本語ができる医師・看護師がいない時間帯もあるので、HPで調べてから行くようにしましょう。

私がよく聞くのはSOSクリニック、またはタケノコクリニックです。

どちらもAIUキャッシュレスサービスを使えます。

また、こちらの病院は電話予約が可能ですので、すぐに見てもらいたい場合は事前に予約して行くことをお勧めします。

 

予防接種

  • 外務省のHPで予防接種を確認

インドネシアは衛生状態や蚊、動物など様々なものから病気をもらう可能性があります。

不安な人は予防接種をあらかじめ打っておくのもいいでしょう。

こちらでかかる可能性がある病気は外務省のHP にでていますので参考にしてください。

ちなみに、狂犬病の予防接種を受ける方が多いようですが、イスラム教徒は犬になめられると土でその部分を洗うなどさまざまお清めをしなければならないためか猫をペットにする人が多く、ジャカルタ・デポック付近ではめったに犬は見かけません。

しかし、バリ島はヒンドゥー教徒が多いためか犬をたくさん見かけました。滞在予定の地域の環境はしっかりと調べておきましょう。

 

 

3回に渡りお送りしましたが、渡航前の準備については以上です。読みにくいところが多々ありましたでしょうが、みなさんの留学への決心の後押しができればと思います。

インドネシアで快適な生活を送る為にも、日本でできることはしておきましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。